兵庫から、新しい時代をつくる!

私が政治を志すきっかけとなりましたのは、阪神・淡路大震災です。
生まれ育った大好きな街が危機的な状況にある中で、自分自身何が出来るのか
を自問自答した結果、自らが政治の世界に飛び込む決意をしました。

この街に育ち、笑顔に支えられる。

生まれ育った大好きな街が危機的な状況にある中で、自分自身何が出来るのか
を自問自答した結果、自らが政治の世界に飛び込む決意。

使命感を持ち、政治の持つ可能性を信じて。

自らが政治の世界に飛び込み、行動を起こすことで、少しでも役に立ちたいと決意しました。

参議院選挙に当選致しました。
心より感謝申し上げます!

かだ裕之が取り組む課題と政治姿勢

地域に根ざした政治、安全・安心の国づくりで
● ひとの安全・安心
● 食の安全・安心
● 国土の安全・安心
● エネルギーの安全・安心

を守ります!!

かだ裕之物語

政治の持つ可能性を信じた男の熱血ストーリー

物語はこちらから

インスタグラム

フェイスブック

Comments Box SVG iconsUsed for the like, share, comment, and reaction icons

3 weeks ago

加田 裕之

令和3年度予算成立!
一般会計の総額106兆6097億円の令和3年度予算案が参議院本会議で可決され、成立しました。
新年度予算は1月に成立をした令和2年度第3次補正予算と一体での編成で、新型コロナウイルス対策はもちろんのこと、デジタル庁の設置などを含むデジタル改革関連や脱炭素社会実現、防災・減災・国土強靭化に向けた「5か年緊急対策」など中長期の課題に対応した予算となっています。
引き続き、新型コロナウイルス対策をはじめ、その他の課題に全力で取り組んで参ります。
... See MoreSee Less

令和3年度予算成立!
一般会計の総額106兆6097億円の令和3年度予算案が参議院本会議で可決され、成立しました。
新年度予算は1月に成立をした令和2年度第3次補正予算と一体での編成で、新型コロナウイルス対策はもちろんのこと、デジタル庁の設置などを含むデジタル改革関連や脱炭素社会実現、防災・減災・国土強靭化に向けた「5か年緊急対策」など中長期の課題に対応した予算となっています。
引き続き、新型コロナウイルス対策をはじめ、その他の課題に全力で取り組んで参ります。Image attachment

Facebookでコメントする

国土強靱化計画の実行で、南あわじ市阿那賀海岸に高潮対策の予算が付き本年度から実施される連絡が兵庫県からありました加田先生のご尽力のおかげです、有難うございました!

4 weeks ago

加田 裕之

参議院予算委員会に差し替えで出席!公聴会で、新年度予算案などについて専門家から意見を聴き、各会派から質疑が行われます。新型コロナウイルスの医療や検査について、尾身茂会長は、緊急事態宣言は、永遠に続けることは出来ない。早晩解除されるようになると思うが、解除されてもコロナの感染リスクをゼロにすることはできない。感染症に強い社会をつくるには、国、自治体が人々の納得感と共感が得られるように、具体的な目標と明確なメッセージを発信すること大事と指摘。また、栃木県宇都宮市にある呼吸器内科クリニックの倉持仁院長は緊急事態宣言の解除の是非について、ひとりの医者としてと、断った上で、軽々に判断することはできないが、医学的な立場からとしての意見を言えば、感染拡大の方向に持っていってしまうという点で、今は宣言を解除するべきではないと思うと見解を延べました。 ... See MoreSee Less

参議院予算委員会に差し替えで出席!公聴会で、新年度予算案などについて専門家から意見を聴き、各会派から質疑が行われます。新型コロナウイルスの医療や検査について、尾身茂会長は、緊急事態宣言は、永遠に続けることは出来ない。早晩解除されるようになると思うが、解除されてもコロナの感染リスクをゼロにすることはできない。感染症に強い社会をつくるには、国、自治体が人々の納得感と共感が得られるように、具体的な目標と明確なメッセージを発信すること大事と指摘。また、栃木県宇都宮市にある呼吸器内科クリニックの倉持仁院長は緊急事態宣言の解除の是非について、ひとりの医者としてと、断った上で、軽々に判断することはできないが、医学的な立場からとしての意見を言えば、感染拡大の方向に持っていってしまうという点で、今は宣言を解除するべきではないと思うと見解を延べました。

1 month ago

加田 裕之

令和3年3月11日 清和研の総会。正午に東日本大震災によりお亡くなりになられた方々に対して哀悼の誠を捧げて黙とうを行いました。細田博之会長より1896年6月15日の岩手県上閉伊郡釜石町(現在の釜石市)が震源地で発生した明治三陸地震にふれ、改めて災害対策の重要性について話されました。
国会議事堂でも弔意をしめすために半旗をかかげています。
... See MoreSee Less

令和3年3月11日 清和研の総会。正午に東日本大震災によりお亡くなりになられた方々に対して哀悼の誠を捧げて黙とうを行いました。細田博之会長より1896年6月15日の岩手県上閉伊郡釜石町(現在の釜石市)が震源地で発生した明治三陸地震にふれ、改めて災害対策の重要性について話されました。
国会議事堂でも弔意をしめすために半旗をかかげています。

Facebookでコメントする

同じ震災を経験した神戸市長田区からも哀悼の意を表します。

1 month ago

加田 裕之

朝から自民党本部で農林部会、参議院自民党国対委員会、議院運営委員会のあと本会議。終了後、政府開発援助(ODA)等に関する特別委員会理事懇談会のあとに参議院自民党の政策審議会をオンラインで出席しました。講師に国立研究開発法人・防災科学技術研究所の臼田裕一郎総合防災情報センター長より「防災のデジタル化に関する取り組みと課題」をテーマに講演されました。臼田センター長は「神戸市消防団スマート情報システム」の開発で、消防団員が普段使用しているLINEで、災害情報の共有し、マンパワー不足への対応や、機動性の確保を図ります。このシステムが、先月に第3回日本オープンイノベーション大賞総務大臣賞を受賞されました。講演では、災害時に情報共有を社会実装するための課題として①情報共有手順の標準化と平時からの運用のルールづくり②全災害に共通する必須基本情報の設定と確実な実行③情報共有組織の明確な位置付けと体制整備の課題を指摘していました。私からは、国内のAI防災協議会に都道府県が12府県しか入っていない点での体制づくりの課題について、米国のFEMAの事例で、GoogleやTwitterやFacebookを活用すると同時に民間企業やNPOとの連携に注力していることを参考にすべきではとの指摘しました。また、災害時に起こる悪質な流言飛行(嘘の事例→熊本地震の時は、動物園からライオンが放たれた。コロナ禍でトイレットペーパーがなくなるなど)について、海外ではフェイクニュース防止法を制定するなど対策を講じている中で、日本のとるべき対策についての見解にご意見をお伺い致しました。 ... See MoreSee Less

1 month ago

加田 裕之

第6回Children First の子どもの行政のあり方勉強会 〜子どもの家庭庁の創設に向けて〜にオンラインに途中から参加しました。講師に、虐待サバイバー・保護司・アドボケーターの風間暁さんより「虐待サバイバーの観点からみた、現在の児童相談所・社会養護の課題と子ども家庭庁創設の必要性」と認定NPO法人フローレンス代表室の前田晃平さんより「子どもたちを性犯罪から守る仕組み「日本版DBS」実現への課題」をヒアリングしました。両講師とも、さまざまな体験をしたなかでの講演と政策提言に多くの議員から質疑が行われました。前田さんの「この事態を打開できるのは、政治だけです。」とメッセージに改めてスピード感を持って政策推進していかなければならないと、強い思いを共有しました。 ... See MoreSee Less

第6回Children First の子どもの行政のあり方勉強会 〜子どもの家庭庁の創設に向けて〜にオンラインに途中から参加しました。講師に、虐待サバイバー・保護司・アドボケーターの風間暁さんより「虐待サバイバーの観点からみた、現在の児童相談所・社会養護の課題と子ども家庭庁創設の必要性」と認定NPO法人フローレンス代表室の前田晃平さんより「子どもたちを性犯罪から守る仕組み「日本版DBS」実現への課題」をヒアリングしました。両講師とも、さまざまな体験をしたなかでの講演と政策提言に多くの議員から質疑が行われました。前田さんの「この事態を打開できるのは、政治だけです。」とメッセージに改めてスピード感を持って政策推進していかなければならないと、強い思いを共有しました。Image attachment

Facebookでコメントする

「夫婦別姓反対」を断固支持します。国家国民のために頑張ってください。なお、デジタル庁の件ですが、全日空、マイクロソフトの例もあり、紐づけによる情報独占は、危険と考えます。

もっと見る

ツイッター

PAGE TOP